今日はマザーズ続伸、アンジェスが2日連続のストップ高、ZOZOは底打ちが近いのか!?

今日の日経平均株価は前日比38.72円安の21425.51円と小幅ですが反落とで取引を終えております。

先週末2月15日終値 20,900.63
2月18日 21,281.85/終値
2月19日 21,302.65/終値
2月20日 21,431.49/終値
2月21日 21,464.23/終値
2月22日 21,425.51/終値

今週の日経平均の推移は上記の様になっておりますが、先週末から21000円台を回復し、500円超上昇したことになります。
米中貿易協議の進展期待と円安からの買い安心感が、上値追いの要因となったものと見ております。

物色面ではマザーズ上場のアンジェスが2日連続のストップ高となっております。この銘柄は先月5日のレポートで取り上げた銘柄ですが、正直ここまで強い動きが出るとは想定しておりませんでした。要因は同社が開発した遺伝子治療薬「コラテジェン」が足の血管再生する薬と血液がん治療薬の薬事承認が了承されたことが材料視されております。
この材料でバイオ株物色の筆頭格的存在に急浮上しております。

日経平均は反落でしたが、東証2部指数や新興市場のマザーズ指数は上昇しました。

東証2部指数 6833.24 +13.96
マザーズ指数 916.76 +12.21
ジャスダック平均 3449.73 +3.12

今日の値動きで気になる銘柄では、
3842ネクストジュン
6840AKIBA
3092ZOZO

ZOZOは2月に入ってからの出来高の急増ぶりから、機関投資家系資金も買いに回りつつある模様で、一旦は売り一巡の兆しがでてきております。 AKIBAは投機筋介入銘柄です。

<まとめ>
日経平均株価は5日ぶりに下落しておりますが、先週末から連日の上昇となり、21500円手前で一旦戻り売りが意識された印象です。

ただ、非常に底堅いですね。

米中協議の進展具合次第では地合いが二転三転する可能性は否定できませんが、新興市場や二部の材料株は東証一部の主力株と比較して出遅れている銘柄が多い状況ですので、個別材料株物色の活発化に注目しております。