アンジェス/4563 3営業日連続のストップ高。天井は最終的には需給で決まる

アンジェス/4563の おはなしです。
過去のアンジェス記事はこちらです

今日の終値は1035円(+150円)3営業日連続のストップ高となったわけですが、
今朝は前営業日終値付近の900円で寄り付いた後、商いを伴い下値を切り上げる展開となった後のストップ高である点が、前2営業日とは異なる点でしょう。

流石に2営業日ストップ高の翌日とあって、まとまった売りが出るのではと危惧されましたが、終わってみれば大商いの活況相場となりました。

2017年高値水準である889円を意識した投資家がかなり売りを出した様子も、ここ2営業日の商いから窺えますが、多くの投資家が入れ替わった印象があります。

ここ数年の長期では、2013年高値である1081円しか節目らしい目安が見当たりませんが、短期的には一方通行の動きが続いておりますので、相場が反転すると相当な乱高下が予想されると見ております。

投機筋も“アドリブ的な対応“で臨んでいるようですので、高値を予想することはナンセンスな状況に至っていると感じております。

最終的には需給で動きが転じますので、どの水準までなら「買ってもOK」なのか、多くの投資家が認識しているこの水準で売りが途切れるタイミングが天井になる相場となりそうです。

 

アンジェスは弊社提供の「アルゴズレポート」では、1月初旬に460円で配信した銘柄であり、随時その値動きを追ってきた経緯があります。

「アルゴズレポート」では1月~2月相場で急騰した
Nuts/7612、アンジェス/4563、ベルトラ/7048に続く値幅取りターゲットを発掘し、随時レポートで配信しております。

本「アルゴズレポート」は平日毎日配信しておりますので、いつでもご購入いただけます。