アイリッジ/3917 現状は大きく値を戻してきている背景は!?

アイリッジ/3917の おはなしです。
昨日5日の終値は1241円(+51円)で取引を終えております。

「アルゴズレポート」では、2月初旬に“投機系資金絡みの案件”として配信した銘柄でもあります。
昨年の夏ごろは2000円程度で推移していた銘柄ですが、年末には600円台まで売り叩かれた経緯があります。それが、現状は大きく値を戻してきております。

来週あたりに決算発表を予定していることから、投資家の間では期待と懸念が入り混じったタイミングでもありますが、発表される前に某投機系資金が介入した格好となっております。

この介入自体が決算の良好足を裏付けるものではありませんが、

時価総額 8,186百万
浮動株 23.5%

かなり流動性が乏しく、故に値が大きく動きやすい銘柄でもあることから、今の様な地合いには投機色の強い資金に狙われ易い銘柄でもあります。

また、この投機系資金が介入を開始した2月の株価は底這い状態の安値圏で放置されていたことも短期狙いのターゲトっとなった背景にあるようです。

 

 

こちらはアイリッジ/3917の日足チャートです。

今後の見通しですが、既に決算発表前に大きく上げてしまっておりますので、様々な思惑はありますが、「良くて当たり前」。それ以下であれば格好の売り材料にされてしまう可能性が高いと見ております。サプライズ級の決算・次期見通しまたは、何かしらの好材料が出ればテクニカルを無視して値は飛ぶ可能性はありますが、この先決算発表に向けては冷静に判断する必要があるでしょう。

ちなみに、「アルゴズレポート」配信時でのターゲット価格は1,450円に設定してありますが、これは相場の天井を示唆したものではありません。700円台から仕込んで頂いておりますので、高値圏でのリスクを排除した設定となっております。

 

本「アルゴズレポート」は平日毎日配信しておりますので、いつでもご購入いただけます。