santec/6777 高値から3割近い急落の後反発。気になる今後は?

santec/6777
今日の終値は1970円(+247円)で取引を終えております。

今日は地合い好転から一気に買い戻しとなっており、前日比14%を超す上げ幅となっております。ただ、足元の下落では3月4日高値2328円から30%近い急落となっており、値動きの激しさが目立っております

もともと値動きの激しい銘柄ですので致し方のない面もありますが、直近の下げが過熱感を冷ましたことで、強い動きが戻ってくる展開も期待したい場面でしょう。

先ずは11日安値1161円で値幅調整は一巡したか見極めが肝要です。

 

santec/6777は「アルゴズレポート」にて、1100円台で配信した相場ですが、最近は乱高下からのお問い合わせも多く、皆さん相場の先行きが気になるようです。 株価は足元の急落で25日線できれいに反発した格好となっておりますが、相場の先行きは新興市場銘柄だけに地合い次第といった側面も多分にあります。ただ、今の相場が業績上振れ期待と来期以降の成長性も相場が織り込みに行っている感がありますので、

この流れから勢い余って株価が上方へオーバーシュートすることも十分想定されます(最終的にはこの嵩上げ分は修正される可能性は高いのですが) やはりボラが生まれれば利ザヤをかさ上げしておきたいのが短期トレーダーの性でしょう。

 

株価は2001年に上場来高値3650円という水準が一つの目処としてありますが、近年では2017年高値の1760円で目先は下値が維持されれば、再度上値を試す機会が訪れる可能性が高いと見ておりますので、短期狙いでも十分チャンスを秘めている銘柄です。現時点で上は3650円までは見ておりませんが、再度直近の高値2328円を捕らえに行くようであれば、2500円突破も視野に入ってくる相場であると見ております。

 

本「アルゴズレポート」は平日毎日配信しておりますので、いつでもご購入いただけます。