バイオ株相場は続く。リボミック/4591急騰劇の背景

リボミック/4591
今日の終値は781円(-24円)で取引を終えております。

今日はそーせいが大幅高になるなど、バイオ株相場に新しい動きも出て来ております。

一時ほどの勢いは無いものの、銘柄が入れ替わりつつも、年明けからのバイオ株物色は続いております。

リボミックは「アルゴズレポート」で初動段階の470円付近で三度配信した銘柄でありますが、株高期待の背景には配信当時から“バイオ株”を得意とする投機筋の介入観測があった銘柄でもあります。

2月中旬以降、徐々に上げ幅を拡げてきた後、3月には手掛かりとなる新薬の臨床試験進捗を受けて短期資金の流入が加速しております。

ここ2営業日は戻り売りに押される展開となっておりますが、700円台後半では投機色の強い短期筋の押し目買いも散見されております。

投機系資金の意図するところでは、先ずは大台回復(1000円)回復が視野にあるようで、これに依然達していない現状はまだ上値余地に期待しておきたい場面でもあります。

ここらの短期狙いでは、足元値動きも荒くなってきている局面だけに、リスクを伴うことが予想されますが、目先は調整一巡後からの動きが特に期待できると考えております。

 

本「アルゴズレポート」は平日毎日配信しておりますので、いつでもご購入いただけます。