週末はマザーズ指数の動きに注目

昨日の日経平均は大幅に続落しております。米国株の下落や長期金利の低下を受けて景気後退懸念が強まる流れ。

日経平均は一時21000円を割り込む弱さを見せており、心理的節目での押し目買いも限定的となっております。3月期末権利取りの買い需要も一巡しており、目先は先物に振らされる展開も警戒しておきたい場面でしょう。

 

※こちらはマザーズ指数の週足チャートです。

 

ただマザーズ指数が比較的にしっかりとしており、戻り高値を窺う展開となっていることは、低位株を含めた材料株物色においては心理的にも心強い点です。新興市場を含めた材料株物色の動きが“日経平均離れ“するか注目される局面でもあると考えております。