低位株見直しで取り上げた、トレイダーズホールディングス/8704 の続編です。

トレイダーズホールディングス/8704
今日の終値は73円(+2円)で取引を終えております。

※トレイダーズホールディングス/8704 前回の記事はこちら。
トレイダーズホールディングス/8704 200日線突破から勢いに乗る低位株として注目

 

株価は足元調整ムードが強まっておりますが、直近高値88円を付けるまでの急上昇の反動としては適正な範囲内の動きと考えており、今は需給調整一巡を待つ局面でしょう。

昨年末安値の32円から株価は既に倍増しておりますが、業績・財務懸念は最悪期を出しつつあり、株価回復流れは続くと考えております。

株価の下支えとなっている要因として、FX取引が昨年末以降、不安定な世界経済を背景に“ボラティリテ拡大“で手数料収入が想定超となっていることへの期待感が押し目買いを誘っております。また、上昇中の2桁低位株という点も個人投資家が流れ込み易い要因と考えております。

 

目先的には52週線(72円付近)を抜けるか注目されますが、仮に抜け切れれば株価見直しに拍車が掛かる展開も充分予想されると考えております。

また、仮に直近戻り高値である88円を再度上抜く展開となれば、昨年6月の急落時に空けた日足の窓97円-115円付近では戻り売りが意識されるポイントとなります。

既に6か月以上経過していることから需給もかなり馴らされたものと思われますが、90円台後半~大台100円付近では、短期狙いの既ホルダーによる売り需要は大きく増すと見込んでおります。

 

トレイダーズホールディングスは弊社提供の「アルゴズレポート」では、2月中旬に40円台後半で配信した銘柄であり、随時その値動きを追ってきた経緯があります。

「アルゴズレポート」では1月~3月相場で急騰した
Nuts/7612、アンジェス/4563、ベルトラ/7048に続く値幅取りターゲットを発掘し、随時レポートで配信しております。

「アルゴズレポート」は平日毎日配信しておりますので、いつでもご購入いただけます。