シリコンスタジオ/3907 短期回転が可能な材料株として投機筋が慢性的に関与。再動意があるか注目される局面を迎える

シリコンスタジオ/3907
8日13:41現在の株価は2170円(-75円)となっております。

シリコンスタジオ/3907は「アルゴズレポート」で3月7日に投機筋絡みの相場として1,400円付近で配信した銘柄であります。
株価は4月9日には3,470円まで短期急騰となったわけでありますが、その後は大きく値を崩しております。

マザーズ銘柄ということもあり、値動きの軽さから一旦動意付くと株価は一方通行へ振れる展開となるものの、反面その逆に動くと一気に値を崩してしまう傾向があります。

ここ最近の動きは下げ渋りとなってきていることで、戻り売りも既に一巡したきた感があります。

 

※こちらはシリコンスタジオ/3907の日足チャートです。

 

この相場に介入している投機系資金においても、短期回転が可能な材料株として慢性的に関与している様子ですので、調整一巡感が出てきた現状は再動意の展開に期待した局面であると考えております。

現状の2000円付近では下げ渋りと同時に押し買いが入っており、株価反転の条件が揃いつつあると考えておりますが、地合いが米国の対中関税引き上げでリスクオフ相場となっている現状から、仕掛けを主導している投機系金がどのタイミングで再仕掛けに動くか、目先の動向が注目されます。

 

シリコンスタジオ/3907は弊社提供の「アルゴズレポート」で取り上げた案件です。

「アルゴズレポート」は急騰候補銘柄を随時配信中! いつでもご購入いただけます。