ひとこと・・・ 米国市場はハイテク企業を中心に大きく上昇(続伸)したにもかかわらず、今日の日経平均が反落

昨夜の海外市場ではNY市場が米中通商対立に対する楽観的な見方が強まり、米国株はハイテク企業を中心に大きく上昇(続伸)したにもかかわらず、今日は日経平均が反落。

確かに1ドル=109円台へと円高が進んでいる点はネガティブですが、GW明け以降日経平均は円高を織り込みつつ1000円を超す下落幅となっており、タイミング的には買い戻し意欲が強まっても良い頃合いと見ていただけに、今日の動きは非常に残念です。