自立制御システム研究/6232 持ち合いが続くが、目先は上放れの機を窺う局面

自立制御システム研究/6232
今日の終値は5040円(+160円)で取引を終えております。

5月以降新興市場は物色難となるなか、相場展開の早いIPO銘柄に新規資金が流れ込む傾向が出てきております。自立制御システム研究/6232へは投機色の強い資金が介入していることもあり、ドローン関連銘柄として物色されたことで値上がりにつながっているようです。

時価総額は517.34 億円のうち特定株主持ち分が95%を超していることから、非常に品薄株でもあります。また、今期業績見通しは今期黒字化を見込んでいることも買い手掛かりとなっております。3500円台で「アルゴズレポート」にて取り上げた経緯のある銘柄です。

 

※こちらは自立制御システム研究/6232の日足チャートです。

 

株価は5月21日の高値5490円示現以降、この水準を上値目処に下は4500円付近でサポートされる持ち合いが続いております。

さすがに5500円付近では戻り待ちの売りも出易い状況ですが、このレンジでの商いを繰り返していることで、投資家の入れ替わりも進み需給は徐々に改善してきておりますので、目先は上放れの機を窺う局面と考えております。

昨日、今日のように地合いが改善する流れが続くならば、これを追い風に5500円突破から、もう一段高の展開に期待したい銘柄です。

 

「アルゴズレポート」は急騰候補銘柄を随時配信中! いつでもご購入いただけます。