新着!!急騰候補

円高

今日の為替は1ドル=106円台を付け約5カ月半ぶりの円高水準と、ここ最近の円高加速が日経平均の上値の重しとなっております。

背景には米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ期待や中東の地政学的リスクの高まりなどがありますが、5カ月半前の円高は年明け早々に米アップル売上高予想の引き下げを受けて、世界的株安が危惧された局面であり、109円台から一気に104円台まで急騰した時でした。

この時の円高は瞬間的な動きとなりましたが、今回は慢性的な円高の流れとなっており、輸出関連企業の多い日本株にとって業績見通しへの影響が懸念されます。