トレジャーファクトリー/3093 しばらく調整の進捗具合いの見極めが必要

トレジャーファクトリー/3093
14日14:10現在の株価は1178円(-2円)となっております。

「アルゴズレポート」では840円付近で配信した銘柄ですが、業績の見直し物色が強まった6月以降株価のパフォーマンスは50%を超す上昇となっております。

ただ、足元急激な株価上昇に対する反動に加え地合いの悪化を受けて、急速に調整色が強まっております。

第1四半期大幅増益で上半期計画上方修正を受けてこれまで上値を追ってきましたが、ある程度織り込まれてきた感があり、今期末(20年2月期)予想PERは19.29倍と同業(小売)と比較しても割安感は無くなりつつあります。

ただ、時価総額130憶円程度と小規模の値動きの軽い銘柄であり、現状の地合いが短期物色系資金は個別色の強い銘柄へ向かい易い点から、目先のアドバンテージはこの点のみと考えております。

 

※こちらはトレジャーファクトリー/3093の日足チャートです。

 

9日の急落で需給も悪化しておりますので、その後増配見通しを発表しておりますが、これが押し目買いの要因にはなるものの、再度上値を追うにはやや厳しい状況と考えております。

先週の高値で目先天井を打ったと認識しておりますが、今後調整が進めば需給の状況も変わってくるため、しばらく調整の進捗具合いを見極めてから今後の方向性を再び探っていくことになりそうです。

 

 

「アルゴズレポート」は急騰候補銘柄を随時配信中!