現状は調整一巡待ち トレジャーファクトリー/3093

トレジャーファクトリー/3093
昨日28日の終値は1173円(-45円)となっております。

この地合いのなか1100円台で底堅い動きが続いております。

前回の記事では「調整の進捗具合いの見極めが必要」と書きましたが、今週は25日線上へ一時浮上する場面も見られたものの、残念ながら翌日失速となっております。

この様子から、依然戻り売り圧力が残っている様子が見て取れます。

 

前回記事はこちら

トレジャーファクトリー/3093 しばらく調整の進捗具合いの見極めが必要

 

「アルゴズレポート」では840円付近で配信した銘柄ですが、業績の見直し物色が強まった6月以降株価のパフォーマンスは50%を超す上昇となりましたが、急激な株価上昇に対する反動に加え地合いの悪化を受けて、8月第二週以降は調整を余儀なくされております。

 

こちらはトレジャーファクトリー/3093の日足チャートです。

 

ただ、足元の調整は当初想定したよりも底堅い推移が続いており、今後の成長期待から押し目を拾う動きも散見されます。

もうしばらく13週線との乖離縮小を待ちたい局面であると考えており、売りたい投資家の売り物は着々と新たな株主へと入れ替わっていることで、需給整理が進んでいるものと考えております。現状は需給好転のタイミングを待つ場面と認識しております。

 

「アルゴズレポート」は急騰候補銘柄を随時配信中!