新着!!急騰候補

先週まで加熱していたゲーム関連物色が勢いが鈍りやや沈静化の流れも、マザーズは25日線突破を試す動き。

マザーズは25日線(下降中)突破を試す動き。

個別材料株物色では、先週まで加熱していたゲーム関連物色が勢いが鈍りやや沈静化の流れ。

マザーズ指数も伸び悩んでおりましたが、今日は商いこそ低調ですが25日線突破を試す動きとなっております。

マザーズ指数は8/29に820Pまで売られた後、ゲーム関連や一部のバイオ株人気化の流れから戻り局面となっておりましたが、ここ最近は日経平均の上昇に比べて見劣りのする動きとなっております。

そもそも、マザーズには「日銀の買い支え」や「先物で売りポジションの巻き戻し」、「自社株買い」といった買い需要が非常に乏しい市場ですので、今年は特に下がり易く上がり難い指数となっております。

 

ただ、ここ最近の売買代金からは底入れを示唆する傾向も出てきております。

マザー市場の売買代金は9/3~9/6に掛けては500億円台/日まで低迷。過去の経験則から3000億円/日で相場はピークアウトし、500億円/日で底打つ傾向があることから、売られ続けた中小型株は底入れが近い可能性にも注目しております。