ユーピーアール/7065 復調の流れから目先は正念場。需給の壁突破なれば再度青天井の可能性

ユーピーアール/7065
25日終値は5790円(+100円)となっております。

同社は今年6月上場のIPO銘柄です。主に創業時からパレットなど物流機器のレンタルおよび販売を手掛けておりますが、昨今は位置情報ソリューションの提供等コネクティッド事業やカーシェアリング事業も展開。
時価総額は88億円規模て四季報記載の浮動株は0.4%と小型の品薄株でもあります。

「アルゴズレポート」ではIPO人気の流れから4000円付近で取り上げた銘柄ですが、株価は8月14日の高値6930円となってからは調整が本格化していた銘柄です。

 

※こちらはユーピーアール/7065の日足チャートです。

 

今回注目したいのは、8月高値以降約一か月以上の調整を経て、足元の動きは反転し徐々に騰勢を強めつつある点に注目したい。
同社株は品薄株であり値動きは非常に軽い為、とりわけ短期需給の影響を受け易い銘柄でもあります。

物色は成長株へと関心が移りつつある流れからも、今後の成長を織り込む動きが加速する余地は十分あると見ております。

また値動きの軽い短期需給の影響を受け易い銘柄の特性として、相場が勢い付くと一方向へ振れやすい銘柄でもあり、8月に6000円前後で緩慢した経緯から、目先のポイントとして6000円台前半の戻り売りをこなせれば、再度青天井相場へと発展する可能性を秘めていると考えております。

 

 

「アルゴズレポート」は急騰候補銘柄を随時配信中!