ひとこと・・・ 連日の冴えない経済統計でNYダウはこの3日で(一時)1000ドルを超す下落

今週は堅調だった米国景気に減速懸念が浮上

10/1 米・9月ISM非製造業景況指数  結果×
→ NYダウ -343ドル安 翌日の日経平均 -106円安
10/2 米・ADP雇用統計 結果×
→ NYダウ -494ドル安 翌日の日経平均 -436円安

先ほど発表された、米・9月ISM非製造業景況指数(日本時間23:00)は52.6(予想:55.0、8月:56.4)と底堅いサービス業や個人消費の先行きに警戒感が台頭。

発表後のNYダウは一時‐330ドル安、N225先物は21070円付近まで下落。

リスクオンで米債は上昇、金利低下で円高ドル安の流れで1ドル=106円台

連日の冴えない経済統計にNYダウはこの3日間で1000ドル超の下落。

明日はいよいよ米・雇用統計の発表を控える。

 

 

「アルゴズレポート」は急騰候補銘柄を随時配信中!