投機筋絡みの低位株物色 アルデプロ/8925

アルデプロ/8925
31日の終値は51円(-1円)となっております。

収益ビルやマンションの仕入れ販売を手掛けるアルデプロ/8925ですが、足元の株価上昇には低位株を得意とする某投機筋の介入が背景にあります。

株価は10月29日に61円の高値示現後は戻り売りに押される展開となっているものの、介入している投機系資金の特性から、目先的に戻り売りが一巡したタイミングで再度の買い攻勢が期待されます。

 

※こちらはアルデプロ/8925の日足チャートです。

ただ、介入筋の再攻勢を前提とした場合でも、目先的には40円前半まで下値余地があると見ており、ここまで値幅調整が進むか否かはわか判断が難しいところですが、相場継続上一つの下値目安となります。2桁低位の投機筋案件とあって乱高下しやすい点は理解しておく必要があるでしょう。

「アルゴズレポート」では35円で取り上げた案件ですが、ターゲット株価は最終的に80円付近を想定しております。

 

 

急騰候補銘柄を随時配信中!