ミサワ/3169 仕手色の強い資金も関与 今後の行方は!?

ミサワ/3169
5日12:59時点の株価は807円(+48円)となっております。

自社企画商品の家具やインテリアを販売するほか、仕入販売などを手がける同社ですが、かつて2015年に仕手系資金の介入相場では1100円台まで急騰した経緯のある銘柄でもあります。

しかし、その後は多くの中小型材料株と同じく、株価低迷が続いていた銘柄です。

ここにきて、外国人投資家による日本株見直しの流れに乗り、投機系資金の動きが活発している背景から、同社株にも仕手色の強いまとまった資金が流れ込んでいる相場へ発展しております。

「アルゴズレポート」では500円台前半であ取り上げた案件でもあります。

 

※ こちらはミサワ/3169の日足チャートです

 

株価は10月中旬に820円まで急騰して以降、これまで2週間程度の調整が続いておりましたが、売りたい向きは概ね売り物を吐き出した状況となってきたことから、今日は再び800円台を回復しております。

需給面では地合いの良さがかなりプラスに作用している側面もありますが、このまま10月高値を上抜く相場展開を意識してよいタイミングにあると考えております。

800円付近は戻り売りが意識され易い反面、抜け切れれば逆に2015年高値水準である1130円が見えてくる相場でもあります。

800円以上ではこれまでの相場でさほど出来高をこなしていない価格帯ですので、突破できれば上値追いとなり易い環境になると想定しております。

 

 

急騰候補銘柄を随時配信中!