アルデプロ/8925を仕掛けた低位株を得意とする某投機グループの新たな急騰候補

アルデプロ/8925を手掛けた低位株を得意とする某投機グループが、新たに介入を開始した急騰候補を今回「アルゴズレポート“特別企画版”」で取り上げ、期間限定で販売致します。

この投機グループは、アルデプロの相場では30円台から一時60円台まで株を吊り上げた経緯があります。

個人投資家をはじめとした短期系資金が流れ込み易い低位株をターゲットに据えており、その手法はボラティリティの大きさで注目を集め、資金流入を誘う戦略で相場拡大を常套手段とする傾向があります。

 

※ こちらはアルデプロ/8925の日足チャートです

 

今回「アルゴズレポート“特別企画版”」で取り上げる銘柄は、上記の投機グループが既に介入を開始しているとはいえ現状はまだ仕込み段階にあり、アルデプロ/8925の時と同様初動段階から注目していく案件となります。

9月以降の“株高“の地合いを背景に、投機筋にとっても相場を仕掛け易い環境が整っております。この手の投機系資金の動きは年末に向けて積極的な仕掛けが繰り広げてくることが予想され、次の値幅取り候補に対してもアルデプロの相場で膨らんだ資金を元に大掛かりな仕掛けが期待されます。

 

今回の“特別企画版”レポートの特徴

・初動段階からご参加いただきます。
・アルデプロ/8925に類似した相場展開を想定しております。
・乱高下する場合がございます。
・お申込受付・販売期間は11/13~18日までの期間限定です。
・レポートは販売期間締め切り後、購入者様へ同時配信されます。

  価格は28,000円

 

世界的にメジャーファンドの動きを追跡すると、最近の世界的株高の背景では米国債ファンドから1300億円超流出と報じられるなど、債券売り株買いの流れが鮮明となっております。

マーケットでは日経平均が高値警戒感から戻り売りに押され易い局面にあることから、目先的には一時的に調整局面となっても不思議ではない場面ですが、上記の債券売り株買いの流れの様な、まとまった資金の動きは一旦動き出すとしばらくは同じバイアスへ向かう傾向が強いことから、メインプレーヤーの外国人買いの流れは継続し易い環境となっております。

背景にはFRBによる3度の利下げをはじめとする各国の緩和姿勢や、2020年の米大統領選挙が近づくなかトランプ大統領の株高を意識した姿勢が窺えます。

一方で、国内の株式市場を取り巻く環境は指数の上値を追うに連れて中小型株の出遅れが鮮明化しております。
株式市場への資金流入が続くなら、以前よりも割高となった大型株よりも出遅れ銘柄への魅力が増してくる局面に差し掛かっていると考えております。

今回の「アルゴズレポート“特別企画版”」のご購入をご希望の場合は、
通常販売しているレポートとは企画・価格が異なりますので、こちらの専用お申込リンクからお手続き願います。

 

今回の企画へのお申し込みは、終了いたしました。