レアジョブ/6096 短期急騰後は上値の重くなる展開。今後の展開は如何に!?

レアジョブ/6096
4日の終値は2804円(-111円)となっております。

11月以降の相場ではかなり腰の据わった買い手口が散見されれており、11月相場でに出来高が大きく急増した様子からも察する通り、足元の急騰には某投機系ファンドの介入が背景にある銘柄です。もともとこの投機ファンドは今年の6月以降に介入を徐々に進めてきた背景がありますが、先月発表の決算発表を機に値幅取りの動きが活発化しております。アルゴズレポートでは2500円台で取り上げた案件です。

レアジョブはオンライン上で英会話レッスンを提供するマザーズ上場銘柄であり、時価総額は265億円規模と急騰前から倍増したとはいえ、依然小型規模の銘柄です。法人向けのオンライン英語研修の需要拡大を受けて、業績進捗は計画を上回る好調な推移となっており、また先月は株式分割の実施も発表したことで、個人投資家人気に火が付いた格好となっております。

 

※こちらはレアジョブ/6096の日足チャートです。

 

現状は投機ファンドの強引な買い上がりで、短期間では相当過熱感が高まっている状況に加え、信用規制も入っていることから上値が重くなりつつあります。25日線や13週線など主要な移動平均からも大きく上方へ乖離している様子から、目先的には調整が欲しい場面でもあります。

マザーズ市場は出遅れ修正の動きから物色の範囲が拡大しており、出遅れ感も依然強い状況から投資家の買い意欲は強まりつつある地合いを考慮すると、仮にレアジョブが目先調整となったとしても、一巡後は再度上値を試しに行く展開は十分想定されます。
ただ株価を急騰させるには、介入ファンドの手入れに加えて個人系資金の追随加入も不可欠な為、現状は需給面での調整が今後の相場展開を見据えた上でも望ましい展開といえます。

また、マザーズの見直し物色は始まったばかりであり、出遅れ修正余地の大きい銘柄は数多く存在しております。レアジョブ介入中の投機ファンドはこの点にも目を着けており、既に物色対象の拡大に動き出しております。これを受けて新たな銘柄の存在も急浮上中であり、目先はこの投機系ファンドの動きにも目が離せない状況となっております。

 

 

アルゴズブレインでは、急騰候補銘柄を随時配信中!