アルメディオ/7859は高値圏で乱高下。二部の低位株物色に注目

アルメディオ/7859
23日13:03現在の株価は219円(-2円)となっております。

先週は一段高となったアルメディオですが、今日は年初来高値更新後大きく値を崩す展開となっております。

アルメディオ/7859 前回までの記事

超軽量級低位株アルメディオ/7859は目先の展開が注目される

アルゴズレポートでは投機色の強い某外資系資金介入銘柄として、プロスペクト/3528やアルデプロ/8925に続く東証二部の低位株物色の流れに注目して取り上げた銘柄です。

時価総額は30億円規模とかなり小型の銘柄ということもあり、値動きが乱くなり易い難点のある銘柄ではありますが、一旦動き出すとボラティリティを伴う特性のある銘柄でもあります。

 

※こちらはアルメディオ/7859の日足チャートです。

 

今日は買い気配の後、年初来高値更新で寄り付いたものの、その後の株価は上げ幅を縮める展開となっております。 12月3日の日足に長い上髭を伴う場面でも見られた様に、220~230円付近では戻り売り圧力が強まる傾向が見受けられます。このレンジを抜けるにはもうしばらく戻り売りをこなし、上値を追い易い需給となる必要があると考えております。

個別色の強まる地合いを背景に一連の投機筋絡みの物色は今後も続くと見ていおりますが、目先5日線を割り込む様であれば再度25日線まで調整となる可能性が出てくるでしょう。 週足でも13週移動平均との乖離も気になる場面ですので、もう一段の調整が欲しい場面ではありますが、足元の動きを含めた一連の調整をえて、いずれ再度上値を追う場面があると見ております。

 

 

アルゴズブレインでは、急騰候補銘柄を随時配信中!