NPC/6255 チェックしておきたいポイント。

NPC/6255
17日の終値は480円(+11円)となっております。

年明け6日は一気に上値を取りに行き、直近の高値を更新する展開となりましたが、その後は調整ムードが強めております。今週は下値に25日線を意識した展開となっておりますが、ここ数日は出来高もこなしており、需給面での調整(投資家の入れ替わり)も順調に進んでいる様子が窺えます。

アルゴズレポートでは低位株物色の流れから取り上げた案件ですが、NPCは同社は太陽電池パネルや液晶、有機EL、自動化装置など様々な製造装置 を手掛ける東証マザーズ上場の小型株です。主力は太陽電池パネル製造装置ですが、パネルのライフサイクルに伴う需要拡大を受けて足元の業績は上振れ基調にあります。加えて時価総額は100億円規模の小型株と、足元のような相場では人気化し易い要素が目立ちます。

 

10日発表の20年8月期Q1決算は赤字の着地となり、翌立ち合いの14日には見切り売りが先行しましたが、この売りに対して買い向かう新規資金の流入が見受けられた他、ここ最近は関連銘柄の物色も活発化していることから今後も物色は続くと見ております。

現状は25日線付近を意識して押し買いによる下げ渋りの兆しも見られますが、株価反転の条件にはもうしばらく日柄面での調整が欲しいところでしょう。450円を割り込むような場面では押し目買いが入り易い水準であると考えており、このままこの水準では底堅く推移できるか見ておきたいところです。

 

※こちらはNPC/6255の日足チャートです。

 

 

 

アルゴズブレインでは、急騰候補銘柄を随時配信中!