[〆切は2/7まで] 昭和電線/5805を手掛けた某投機系マネーの次なるターゲット

個別レポート販売 昭和電線/5805に続く銘柄

昨年12月から1月に掛けて、昭和電線/5805の株価上昇を牽引した某投機系資金の新たな物色候補を弊社で重点的にマークしております。

昭和電線/5805の相場では昨年12月単月における株価上昇率が際立って高まった背景には、某投機系資金による値幅取りを狙った株価吊り上げ工作がありました。

“新型肺炎”の感染拡大で大きく揺れる株式市場ですが、今日(2/4)はアジア市場の堅調さを受けて、安堵感から買い戻し動きが強まる展開となりました。先週以降の株価の急落で過度に売り込まれた銘柄も多く、見直しが意識される局面と見ており、投機筋の新たな動きにも注目していく局面と考えております。

 

そこで、この某投機系資金が昭和電線の次に狙いを定め株価吊り上げを画策している“戦略銘柄”を、アルゴズレポート“特別企画版”で取り上げ、期間限定で販売致します。

 

昭和電線/5805の日足チャート

※ こちらは昭和電線/5805の日足チャートです

 

この投機系資金の特性として、12月に昭和電線を仕掛けた際には日足チャートをご覧いただいてもわかるように、実際に値幅を伴う日数は合算してもわずか数日間であり、短期間で集中的に株価を吊り上げている様子が見られます。

12月中盤には調整期間がありますが、需給調整も最低限に済ませた上で、再度テンポ良く株価を引き上げるスピーディな手法から、“短期集中型“の株価吊り上げ工作を得意としている様子が窺えます。今のような不安定な地合いでは、この“短期集中型”の戦略は非常に有効であると考えております。

 

現在この手の投機筋絡みの相場は選別物色が強まっており、銘柄毎の動きには大きな格差があります。

しかし、この投機系資金は値動きの軽い材料株を中心とした短期ディーリングで膨らませた潤沢な手元資金を元に、今回配信予定の銘柄に対しても、今後仕掛け的な動きを見せてくることが予想されます。

 

新たな相場の詳細に関しましては、今回期間限定販売するアルゴズレポート“特別企画版”でも詳しく解説致しますが、介入を開始している投機系資金の動向次第では短期値幅取りとなる可能性は非常に高い案件になると考えております。

この配信予定の銘柄の現状はまだ仕込み段階にあり、昭和電線/5805の時と同様に初動段階から注目していく案件となります。

 

今回の“特別企画版”レポートの特徴
・初動段階からご参加いただきます。
・昭和電線/5805に類似した相場展開を想定しております。
・乱高下する場合がございます。
・お申込受付・販売期間は2020年2月4日~7日までの期間限定です。
・レポートは販売期間締め切り後、購入者様へ同時配信されます。

  価格は28,000円

 

購入をご希望の場合は、
通常販売しているレポートとは企画・価格が異なりますので、こちらの専用お申し込みリンクからお手続き願います。

お申し込み専用フォームはこちら

※ 今回の企画へのお申し込みは、終了いたしました。