新着!!急騰候補

この先個別株においては、受給的には下値が限られる可能性あり

日経平均は安値圏で乱高下しているが、個別材料株は幅広く買い戻しの動きとなっております。

指数先物や債権などは大口資産が各々の事情・立場で現金確保を急ぐ売りで乱高下が続いておりますが、材料株市場においてはメインプレーヤーが個人投資家の為、受給面では追い証絡みの売りのピークはすぎた印象があります。

 

経験則では、過去の相場でも急落後の底打ち局面では個別株が先行してリバウンド入りする傾向が強いのも、この投資主体の違いが大きく影響しているものと思われます。

故に、仮に目先は指数が更に下値を試す動きとなっても、個別株の下値は限られる可能性があります。

 

 

» アルゴズレポートの詳細についてはこちら