ひとこと・・・ 日経平均株価は一時19900円台を回復。20000円まで手が届く水準。

強い米国株の動きが背景にありますが、あちらはFRBによる大規模金融緩和が効いてきている印象があります。
国外資金がかなり米市場へ流れ込んでいる様子がドル指数の上昇基調からも窺えます。
ただ、米株も目先的にはそろそろ調整が意識され易い水準まであげてきていますので、目先の動きは注意が必要でしょう。
二番底(個人的見解としてはあったとしてもまだ先)は無いとしても、目先は程よい調整の可能性はありそうです。