新着!!急騰候補

リプロセル(4978) 1月高値突破を狙う“某投機筋“関与銘柄! 今後の動きは?

リプロセル(4978)
4月24日の終値は380円(+12円)となっております。

日経平均の値動きが緩慢となる中、個別株優位の地合いが続いております。

個別株を対象とする物色では、個人投資家や大口投機筋の動きが活発化する展開を想定しており、特にバイオ関連は個人投資家の間で人気化し易いセクターですので、リプロセル(4978)のようなバイオベンチャーも今後の展開が注目されます。

アルゴズレポートでは200円台で取り上げた銘柄ですが、レポートでは水面下でこの相場に関与している“某投機筋“の動きにフォーカスして値動きを追って参りました。3月の株式市場が急落する局面ではさすがに値を崩したものの、その後急速な戻りを見せ、現状の相場は投機筋主導の展開に回帰しております。

» アルゴズレポートについてはこちら

 

リプロセル(4978) 株価予想

※こちらはリプロセル(4978)の日足チャートです。

 

リプロセル(4978)はiPS細胞を用いた研究支援事業を展開するバイオベンチャー企業です。中長期的な成長事業として再生医療分野への展開を図るメディカル事業を行っております。株式時価総額は271億円の小型株で、この規模からもかなり値動きの軽い銘柄であることが窺えます。

 

相場は1月高値である475円示現後は大きく値を崩しましたが、現状はこの当時とは異なり、個人投資家を中心とした短期資金が流動性を支えていることから、介入している投機筋も1月の相場時よりも“まとまった資金“を投入できる環境になってきております。この為、再度上値を狙いに来るる可能性が高まっていると見ており、地合いが個別株物色に追い風であることもその要因と考えております。

 

株価は400円台では戻り売りに押される展開が続いてきましたが、現状の下値を切り上げる展開の先には水面下で介入している投機筋の仕掛け的な買いで値幅を伴う場面が出てくると想定しております。今後どこかでこのような値動きに変わる場面があれば、個人投資家資金が一気に雪崩れ込む展開に発展することは想像に難くない事でしょう。依然、押し目には買い妙味がある銘柄であると認識しております。

 

 

アルゴズブレインでは、急騰候補銘柄を随時配信中! アルゴズレポートについての説明