新着!!急騰候補

今週の株式市場と個別株の動き

引き続き日経平均の上昇基調が続いております。

決算発表の一巡で、企業業績と景気の悪化が具体的な数字で示されつつありますが、これはあらかじめ想定されていた内容であったことから、市場ではあまり悪材料視はされない地合いが継続しております。

以前のような二番底を意識した売りポジションは低下傾向にありますが、一方で日経平均が上昇する過程においては、買いポジションは余り積み上がっていない状態となっております。

これは景気回復を見越して本格的に日本株を買う向きが乏しいことを示している反面、今後回復への自信が高まるようなら、日経平均の上昇余地が大きく残されていることを示しています。

需給状況は売りポジションが多い中、引き続き下がり難く上昇ポテンシャルを秘めた状態を示していることから、足元の株高基調の中ではトレンドが崩れるまでは、この流れに沿った戦略が有効となります。

 

個別株の動きも引き続き続きマザーズの上昇基調に沿ってトレンドが崩れるまで、この流れに沿った戦略が有効と考えております。

今週は、ゴールデンウィーク明け以降にアルゴズレポートで配信してきた“出遅れ組”の個別株の動きが徐々に騰勢を強めつつあり、新たな相場に発展する気配が出てきております。今後どこかで値幅を伴う場面も出てくる展開が想定されます。

また、引き続きマザーズや新興市場を中心とした個別株物色の傾向は、指数上昇トレンドに合わせた“循環物色“となりますので、これから新たに動きが出てくる銘柄もフォーカスしていく必要があると考えております。

 

» アルゴズレポートについてはこちら