ブイキューブ(3681)相場見通しを Update

ブイキューブ(3681)
5月25日の終値は1014円(+4円)となっております。

お問い合わせの多い銘柄でもありますので、大変恐縮ですがこの場(blog)にて相場見通しを Updateをさせていただきます。

 

~前回4/17記事~

ブイキューブ(3681) 今後の株価はどうなる?コロナ禍の時流においてま、さに今が旬のテーマ株 

 

前回の記事以降調整局面に突入してしまったブイキューブ(3681)ですが、高値から一ヶ月が経過。今後の相場の方向性が気になる場面です。

まず個別株物色は循環物色が基本。今後再び出遅れ感が出てくる場面では投機系資金も再度狙いを定めて仕掛け的な動きを見せてくる銘柄もであると見ております。

テレワーク全般関連においても、いずれ再物色の流れが来ると考えておりますが、もうしばらく需給面での調整が必要かと考えております。

その際注目だれるのが、需給状態です。 一度上値追いとなった銘柄は再び相場となれば人気化し易いことから投機色の強い資金に狙われ易いものの、その時の需給が悪いと敬遠される可能性があります。

 

ブイキューブ(3681) 株価予想

※こちらはブイキューブ(3681)の日足チャートです。

 

時価水準の1000円前後では押し目買いが意識され易く下げ渋る場面と見ておりますが、調整という観点からはもう少し需給面(信用買い残)の整理が欲しい局面にあると見ております。

時価水準の1000円前後は、需要な節目でもありますので、現状の強い地合いから反発に転じても不思議ではないものの、かと言って新規買いを入れるにはもう一段安(800円付近)が欲しい場面でもあります。

 

率直にはもう一段安あれば新規買いも検討できる銘柄と見ておりますが、目先反発に転じ25日線上へ浮上するようであれば、そのまま再度高値更新を遺棄した相場展開へ回帰する可能性が高まると考えております。

いずれにせよ、遅かれ早かれ再物色の場面を待つ局面と認識しております。