新着!!急騰候補

ナノキャリア(4571)相場見通しを Update

ナノキャリア(4571)
6月14日の終値は592円(-53円)となっております。

先週は同社の“新型コロナウイルスワクチンの研究を開始“が報じられ株価は連日のストップ高の展開へ発展。コロナワクチン開発の材料で株価は前回記事(5/22)から大きく居所を変えております。

 

~前回5/22記事~

低位のバイオ関連銘柄 ナノキャリア(4571)の投資戦略

 

先週末の12日は、地合いの軟化の影響もあり乱高下となっております。
5日連続ストップ高の後ということもあり、この日の前場は寄付きからストップ高までかなり出来高をこなした動きとなりましたので、ホルダーはかなり入れ替わった可能性が高いと見ております。

後場は値を崩しましたので、需給面高値掴みとなったホルダーの割合が相当高い状態にあると考えられます。

この為、12日の日中値幅の価格帯では今後戻り売り圧力が強い価格帯になっている可能性があり、今後ある程度需給面での調整がないと上へ抜けるのは厳しい状況と考えております。

 

1週間前であれば、良好な地合いを背景に勢いで上へ抜ける可能性もあったかと考えられますが、地合い軟化の兆しが出てきた現状では、明日以降一旦下に振れただけで一気に見切る売りが嵩む展開も予想されます。

ナノキャリアの目先の値動きは、もはや需給次第となってきましたのでアルゴズブレインでは上記の様な見解となります。

アルゴズレポートでは安値圏・初動段階から銘柄を取り上げますので、ある程度上昇した銘柄は利益確定をし、次の銘柄を安値圏から仕込むスタンスをお勧めしております。