今の個別株の動き

気付いたことや思ったことをひとこと

先週後半はマザーズが下振れの気配を強め“ヒヤリ“とする場面もありましたが、踏み止まった印象。先週末の米国市場から、センチメントは“ややリスクオン“に振れていることもあり、今日買い戻しの動きとなております。

物色の流れも6月までのマザーズ銘柄一択から、現状は東証二部、JASDAQも含めた選別物色となっております。6月までとは異なり銘柄選別次第で値動きにかなり差が出ている様子が見て取れます。

小型株市場別には、東証二部では低位株、マザーズやjASDAQではバイオの一部やテレワーク関連などが物色対象。テレワーク関連関連といっても幅が広く、クラウド、通信、セキュリティなど対象セクターは多いです。特に3市場全般、どのテーマでも“低位”の銘柄がフォーカスされている印象があります。