LTS(6560) 調整一巡から戻りを試す展開。今後の動きに注目したい

LTS(6560)
7月20日の終値は3075円(+231円)となっております。

株価は6/24に高値3585円まで上昇後、7/2には2446円まで30%を超す値幅調整となった銘柄です。

株価はその後揉み合いが続いておりましたが、先週は25日移動平均線上へ回復し、調整一巡感が強まる流れとなっております。

アルゴズレポートでは成長期待のマザーズ銘柄(7/8に東証一部へ鞍替え)として5月後半頃に取り上げた銘柄ですが、目先は再度6月高値を試す展開に注目しておきたい銘柄であります。

» アルゴズレポートについてはこちら

 

LTS(6560) 株価予想

※こちらはLTS(6560)の日足チャートです。

 

LTS(6560)は企業の業務デジタル化を支援するコンサルティングサービスを手掛けており、顧客の業務に適した新たなデジタル活用手段をワンストップで提供する。

クラウドソーシングやIT人材の確保、 ソフト・システム開発、データ分析、RPA、人工知能、IoTなど旺盛な企業の業務効率化に伴うIT需要の拡大余地は依然大きく、コロナ禍でこれが加速した傾向すら見受けられる状況において、同社の成長期待も高まる状況下にあります。

 

先週7/16に25日線を上抜く際には出来高が急増した様子から、投資家の買いが相当程度流入したものと推察され、需給は目先の売りが一巡したと状況にあると見ております。

今後3500円に向けて戻り売り圧力が強まる可能性はあるものの、成長期待による買いがこれを上回るか注目されます。

物色難という地合いからボラティリティを伴う銘柄が限られておりますので、行き場の無い短期筋の買いが流入するようなら3500円突破を試す展開も期待されると考えております。