ひとこと・・・ 日経平均、TOPIX、マザーズ指数のチャートの悪化が酷い

日経平均が大きく下落しておりますが、シカゴVIX指数は24ポイント台とここ最近の相場では安定した水準で推移しております。今のところ金融マーケットが動揺している様子は見られないことから、3月のような危機感の高まる下落局面ではないと考えております。

来週は先週末に大きく下落した反動や、月はじめということもあり買い戻しの動きも期待できますが、仮にあったとしても基本的には夏枯れ相場が続くと見ております。