ひとこと・・・ マザーズと個別株

今日のマザーズは続伸(後場13:17現在)となっておりますが、戻りの鈍さが目立ちます。この動きから、マザーズに限らず個別株は先週末の大幅下落から立ち直りは限定的で、もう少し調整が進む可能性があります。マザーズ指数は、引き続き下落に転じた5日移動平均線を抜けなければ、現在かろうじて維持している+1σをいずれ割り込む可能性があると見ております。

個別株物色は、下落が続いているもの、買い戻されるもの、新たな動きが出てきているものなどまちまちですが、これを取り巻く投機性資金の動きも変化の兆し・乗り換え・ローテーションと節目のタイミングにあり動きが慌ただしくなっている様子が窺えます。