ひとこと・・・ 日経平均株価は500円を超す上昇。24800円台は29年ぶりの水準

日経平均の日足は一気に上放れとなっており、ここ二年程上値追抑えていた24000円台前半水準の“蓋“が外れた格好。
先行き不透明感が晴れてきたことで腰の入った現物買いも見受けられかなり強い動きです。

また、世界的に日本株を含めたアジア株を見直す動きも日増し強まっていることも追い風。

一方で、先週末反落したマザーズ指数は、今日は反発。25日線を試す動き。
基本的に日経が強いときはマザーズの動きは鈍くなる傾向があります。