ひとこと・・・ 年末の市況

先週後半から欧米市場はクリスマスで休日が続いており、マーケットは材料に乏しくあまり動きがありません。先週は一時シカゴVIXの乱高下で動揺する場面も見られましたが、週末には落ち着きを取り戻しております。

為替もドル円が103円台中盤で膠着しており、円高の流れは一服。今日は2020年内国内株式の最終売買日となりますが、需給面で転換し易い節目のタイミングでもあります。このまま年末年始は静かな動きが続く可能性もありますが、年明け以降方は向感が出てくる可能性があると見ております。