今週は権利取り通過後の動きに注目! 材料株物色の動向・・・

先週の株式市場は週末に掛けて買い戻される展開となりましたが、29日(今日)までは配当権利取りの買いが入り易い局面であることを考えれば、先週で売りがピークアウトしたかを見極めるには、時期尚早と見ております。

権利取り通過後と月替わりにおける市場の動きが注目されます。

4月は過去を振り返っても株式市場は好パフォーマンスとなり易い月です。このまま安定した動きに戻るようなら、指数よりも中小型株の短期物色に注目していきたい局面にあると考えております。

 

材料株物色では、先週の下げがきつかった銘柄も散見されますが、今のような相場では保有株を投げたくなったところが底というのは、よくあるパターンです。

引き続き、値動きの軽い銘柄を中心に短期資金のターゲットとなる展開は続くと見ておりますが、目先は手垢の付いていない銘柄や出遅れ銘柄を中心に、投機筋などは今後新たな相場を仕掛けてくることが予想されます。今後は今までとは異なった銘柄が火柱を上げてくる展開も十分想定されるでしょう。

弊社有料レポートでも取り上げた、Kudan(4425)やリミックスポイント(3825)、シンバイオ製薬(4582)、メディアリンクス(6659)などに続く値幅取りの候補を、随時レポートで配信していく予定です。

 

» 弊社有料レポートについてはこちら