ひとこと・・・ 今週は一時3万円台を回復した日経平均ですが、その後は伸び悩む

8日後場14時現在の日経平均は反落。今週は一時3万円台を回復する場面もありましたが、その後は戻り売りに押され上値の重い展開となっております。

気になるのは、新年度入りしてからの出来高が減少傾向にあること。商いの低下は国内市場に限った話ではなく、史上最高値を更新する米国株において同様の傾向が見られます。

日経平均は米株の強さに支えられている部分もありますが、先行きの方向性が見極め難い局面にあります。日足は29400円付近の25日移動平均を意識した展開。同ラインが方向感に乏しい動きとなっていることからも、この様子が見受けられます。