緊急企画・値幅取り候補

バンクオブイノベーション(4393) 指数急落の中逆行高の展開。出来高の変化にも注目!

バンクオブイノベーション(4393)
4月21日の終値は3640円(+205円)となっております

逆行高の展開で3営業日続伸。今日は前回の記事で指摘した3500円付近の上値抵抗を突破しており、目先は値幅取りの動きを強めるか注目されます。

 

~前回の記事~
バンクオブイノベーション(4393) 再び3500円付近の壁を試す展開となるか目先の動きに注目!

 

※バンクオブイノベーション(4393)の日足チャート

 

引き続き投機筋絡みの物色の影響から、ここ数週間はボラティリティが高まりつつあるという変化が見られるほか、今週は出来高が急増しており、この手の投機色の強い相場としては良い兆候が続いております。これに加えて、今日は昨年12月高値3435円や3月高値3485円を抜いてきたことは、値幅取り相場としての確信がかなり高まったと考えております。

不安定な相場が続いていることから、現状の個別株物色はバンクオブイノベーション(4393)のように一部の新興市場や低位の仕手株などがスポットで集中的に物色され易く、このようなターゲットが物色難で行き場を失った短期資金の受け皿となる流れが続くと見ております。

 

弊社ではKudan(4425)やバンクオブイノベーション(4393)、リミックスポイント(3825)などを有料レポートで取り上げてきましたが、これらに続く投機マネー関与で今後、大型連休を挟んで急速に値を吊り上げると想定される案件をいくつかマークしております。このような新手の短期物色に適した銘柄を、今後の有料レポートで取り上げていく予定です。

» 弊社有料レポートについてはこちら