東邦チタニウム(5727) 相場見通しをupdate

 

東邦チタニウム(5727)
5月30日 11:06現在の株価は2091円(+26円)となっております

前回の記事掲載時からも水準訂正の動きが継続。5月後半は連日の新値甥の展開となっております。

 

~前回の記事~
東邦チタニウム(5727) 目先は介入している投機筋の手腕が問われる局面

 

前の記事で指摘した通り、コモディティ価格の高騰を背景とした相場の中には、投機性資金が集中的に流入している銘柄が散見されます。東邦チタニウム(5727)もそのような銘柄の一つであり、弊社有料レポートでは投機筋絡みの案件として900円台で取り上げた経緯があります。

現在の株価は2000円の大台を突破しており、今後の見通しが気になる局面を迎えております。

 

※東邦チタニウム(5727)の日足チャート

 

日足はボリンジャーバンドの+2σに沿った上昇が続いており、現状はバンドウォークを伴う強い上昇基調の最中にあります。基本的に、この強いレンドの後を追う局面です。

5月10日の決算発表時に示された、今期業績見通しに基づいた時価PERは27.5倍。4月の相場(決算発表前)ではPER30倍台水準が上値の限界となったことから、時価からもう少し上値余地が残されているように思われます。

しかし一方で、戻りの限界が近づいている可能性も意識する局面にあります。1~2か月前と比べると、ある程度上昇してしまった後の銘柄は、投資妙味が大きく減退しているのも事実です。足元の上昇基調が途切れる場面では、利益確定を意識していく局面と認識しています。

 

弊社有料レポートでは、毎日地合いや投機性資金の動きに合わせた「短期物色候補」を一銘柄厳選して、レポート購入様へ配信しております。ご興味のある方は、一度お試し頂ければと思います。

>>常時販売の通常版「有料レポート」