米5月CPIショックで、日経平均は大幅安

 

先週末10日に発表された、米5月CPI(消費者物価指数)が市場予想に反し、インフレ加速を示唆。事前に、インフレピークアウトへの期待感が高まっていただけに、米国株市場では売り直しの機運となった格好。

これを受けて、今日の日本株市場も大幅安。物色は、「ディフェンシブ銘柄」に限定されている印象。

 

 

市場では、明日14日から開催される米FOMCで、利上げ幅の拡大など、FRBの対応を警戒している。米国株は底割れの可能性が高いと見ている。ただ、日本株については、円安加速を背景に米FOMC通過後の動きに注視。

最近はドル円の変動も大きく、米国市場との連動性が乏しくなっている市場環境を背景に、注目イベント消化後の物色動向に注目したい。

 

引き続き今年の物色傾向は、世界経済の先行きが暗い反面、個別で先行きの明るい銘柄を選別する動きが顕著です。

弊社「有料レポート」で取り上げたガーラ(4777)やハナツアーJAPAN(6561)、東邦チタニウム(5727)などもこれに該当します。

相場の初動段階からの仕込みをお勧めしている弊社の方針としては、今後急騰する可能性の高い「新たな相場」をレポートでも取り上げていきます。

今年は波乱に満ちた相場環境が続くことが見込まれ、個別にフォーカスした銘柄選別が重要な相場環境となっています。

特に目先は、レポートでは「新たな投機系資金の介入銘柄」を重点的に注目していきます。

 

弊社有料レポートでは、毎日地合いや投機性資金の動きに合わせた「短期物色候補」を一銘柄厳選して、レポート購入様へ配信しております。ご興味のある方は、一度お試し頂ければと思います。

>>常時販売の通常版「有料レポート」