キャリア(6198)に続く値幅取り候補は、これだ!

弊社サイトについて

 

アルゴズブレインから一言

個別株における短期物色において、大相場となる銘柄には多くの投資家が追随して資金流入しますが、その多くは相場の相場の6~7合目以降がボリュームゾーンとなっております。
つまり、流動性の乏しい初動段階から参加できるのは、非常に限られた投資家だけです。

アルゴズブレインで販売しおります “個別銘柄戦略レポート“ で取り上げる銘柄は、上記の様な期待値の高い大相場銘柄に的を絞り、この相場を “初動段階“ から配信しております。

 

弊社のサービス・料金・システムに関して

 

弊社では“個別銘柄戦略レポート”にて個別材料株の配信を行っております。“レポート“は1銘柄単位の推奨銘柄をPDFレポートにしたシンプルなサービスです。

スマートフォンからでも、お申込・レポーと購入・ご覧いただくことができます。

料金やお申込みに関しましては、別途 こちらのページ をご覧ください。

 

「個別銘柄戦略レポート」について

  • 的確な銘柄選別
  • 実践的な投資戦略
  • 相場の初動段階から配信

短期急騰候補一銘柄と、急騰を裏付ける詳細レポート

一銘柄の情報でありながら、PDFで3~4ページ程度の豊富な内容となっております。

 

急騰銘柄候補とそれを裏付ける詳細レポート

 

的確な銘柄選別と実践的な投資戦略が記載されている点が特徴

配信する銘柄はボラティリティの高さに着目し、短期値幅取りに重点を置いた銘柄を選別

 

短期値幅取りに特化とは・・・?

短期狙いで個別株を選別する際は、長期で狙う銘柄を選別する際はファンダメンタルズやバリュエーションに重点を置きますが、短期狙いの銘柄に狙いを定める場合は、異なった視点と分析及びこれに沿ったリサーチが必要です。

ファンダメンタルズやバリュエーションだけではなく、短期需給や投機性資金の動きにも着目して値幅取り候補を選別します。

また、市場を取り巻く環境やターゲット銘柄の状況次第では、ファンダメンタルズやバリュエーションを無視して急騰相場が発生するケースも珍しく無いため、ボラティリティに大きな影響を与える短期需給や投機性資金の動きが重要視されます。

急騰相場発生前の細かな変化(出来高やトレンド)を捉える必要があります。

 

 

弊社独自のアルゴリズムプログラムでスコア化された情報を元に、最終的には分析担当者が厳選された一銘柄を選出

 

「個別銘柄戦略レポート」の製作には、弊社がリサーチした情報に加えて以下の要素を考慮しております。

・介入投機系資金の有無
・その規模・現在の活動状況
・銘柄の需給状態
・これまでの株価推移・トレンド
・業績見通し
・市場の関心度

これらのデータを元にalgorithm分析で銘柄を絞り込み、最後に弊社分析担当者の最終チェックを行った上で1銘柄に絞り込み、レポートを製作しております。

 

「個別銘柄戦略レポート」は的確な銘柄選別と実戦的な投資戦略が記載されている点が特徴です。

 

配信する銘柄はボラティリティの高さに注目し、短期値幅取りを重点に置いた銘柄を選別することで、短期リターンを追求したレポート製作を心掛けております。

 

 

料金やお申込みに関しましては、別途 こちらのページ をご覧ください。
この記事のURLをコピーする